top products tuning AT-5MT works car used car company report link
Report
JZS171クラウンアスリート!
最近当社ではクラウンユーザーが結構いますがその中でも一番遠いお客様かな!
大分から2度目のご入庫!オーナー様にはあったこと無いです(^^;)陸送会社の方が届けてくれます!
前回は5MT化とVプロセッティング!今回はE/Gルームを中心に作業させていただきます!
まずはカムをノーマルからVカムに交換!
次はファイナル交換!ノーマルから4.1に変更します!
メインはGTエキゾーストとGT3040!今回HKSで3040が廃盤となった為、ギャレット製のものをチョイスしました、HKSとの違いはHKSはオリジナルでエキゾーストハウジングを製作してフランジがT25となっています、ギャレット純正はT3フランジとなります、そのため当社のGTエキマニもT3フランジ対応としました!T3の方が排圧を落としやすいけど排気量が無いとつらい!なのでHKSはT25にして割りと万能に使えるようにしていましたが、タービン単体で考えるならT3の方が正しいと思います、日本車に使うならT25の方が使いやすいかな?
当社では1Jに使うならT25の場合、A/R1.01を使うんだけど、T3だと同じA/Rだとキツイ気がしますとりあえず今回は現物を確認してA/R0.82を選択してみましたさらにしたのサイズもありだけど今後排気量Upの予定があるかも?知れないのでこちらのサイズでTESTさせていただきました!
あとから手の入らない部分を遮熱しておきます、遮熱した後、水漏れとかするとめんどくさいので事前に圧力をかけて確認しておきます!
ここでタービンを仮組みしてパイピングの製作です!
大体レイアウトが決まったのでタービンは本付けしてパイピングを完成させます!
出来上がり(^^)始動確認も終わりあとは慣らしをしてセッティングになります!
慣らしはダイノパックでやります、走行中はエキマニがこんな感じなので遮熱はしっかりやらないといけません!なかなか走行状態のE/Gルームって見れませんよね(^^)ダイノパックが来てからはいろんな確認ができて便利です!
慣らし中は無人です!そばにいて水温などの確認をしているだけです!これも便利ですよね昔は慣らし中に何かあったら一度会社に帰ってこないといけなかったので!
ロード負荷を2回ほど変えて大体1時間くらいで終了!負荷を変えるのはタービン回転数を変えるためです、やる人によって考え方は変わると思いますが今まで自分でやってきて一番感じが良かったやり方です!実際やり方を変えてもその後のタービンの違いは分からないのですが、自分が納得できるところでやめます、セッティングもそうですが基本的には自己満足だと思います、まったく補正など入れなくてもガタガタの燃料噴射量でもなんとなくちゃんと走るから満足なのか、絶対読まない領域の想像で綺麗に作るのかもその人の満足度しだいです(^^)
最後の仕上げのセッティングも終了しました!今回はVカム制御はバルコン兇鮟蕕瓩道箸い泙靴燭いいですね!ユーザーでもいじれるし特に不安なところも無いですね、ただ毎回思うのがEVCもですがもっとデカイMAPが欲しい!コスト的には変わらないと思うんですが?自分は3Dマップで見たときのとがった感じが生理的に受け付けないので嫌なだけですけどね!機能的には十分足りてまよね!Vマネには無いスロットル補正もあるし、本当はスロットル加速補正なんかもあると気持ち良さそうです、でもそうすると非同期をどううするのか?とか頭がおかしくなりますね!汎用としてはこれがベストな気がします!
ちょうど同じような仕様があるので今回のT3フランジの比較をしました2台とも1J、GTエキマニ、GT3040、Vカムです、T25A/R1.01とT3A/R0.82になります、基本的にはまったく一緒だと思います、ただT3の方が高回転で10PSUpします、下はほとんど変わらないのに!1Jではそんなに体感しない結果ですが1.5Jや2JならT3の方がさらにお勧めですね!当社ではこのタービンも取り扱い可能です、HKSよりも安い22万円となります!サイズ等ご質問があればご連絡ください、もちろん新品のセンターカートリッジもありますよ、ギャレットジャパンの正規品です!
Copyright (c) 2004-2009 Rasty All rights reserved